[ペットの思い出]猫のごまかし


我が家の猫は飼い始めて13年になるのですが、時折見せるしぐさは13年一緒にいてもなお笑ってしまうことがあります。
寝言を言っているときもくすりと笑ってしまいますが、一番しぐさが面白いのは「ごまかす」というしぐさです。
あるとき、家族で夕食後にテレビを見ていると、テレビ前のソファに猫が飛び乗ろうとしました。
そんなに背の高いソファではないので楽に乗れるはずなのですが、何故かその日は後ろ足を踏み外してしまい、乗るときにコケッとなったのです。
すると、いつもならすぐに箱座りするか丸くなるのですが、何故かうろうろしてソファのにおいを嗅いだり、クッションを前足で何度か踏んでみたりします。
まるで「ソファがいつもと違うから踏み外した」とでも言うように、行動で表現している様でした。
家族全員でその様子を見ていたので、「あれ、絶対ごまかしているよね」と話すと、猫は不服そうに尻尾を大きく振ってソファにぶつけて、ペシペシッて音を立てるんです。
この行動、機嫌が悪い時によく行う行動なので、だいぶご機嫌斜めになっているのが分かりました。
こうした「ごまかす」様な行動は、結構よく見られる光景なのですが、とても人間っぽい感じがしてどうにも笑ってしまいます。
その度に、猫は不服そうに尻尾でペシペシッと音を立てますけれど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ