[ペットの思い出]犬の夢


私のかわいいかわいい愛犬(ミニチュアダックスフント)が、ヒーターの前で気持ちよさそうに寝ていました。
「かわいいなぁ。寝顔を見ているだけで癒されるね。」
なんて母と話していると、愛犬の方から変な音が聞こえます。テレビを消して、耳をすませてみると、やっぱり聞こえてきます。
「ぱくぱく。むにゃむにゃ。」
よく聞いていると、何かを食べているような音です。
「お母さん、何も食べてないよね?今、聞こえたよね?」
母に尋ねると、何も食べていないとのこと。そして母にも聞こえているようです。
「なんだろう。気になるなぁ。」
と思っていると、こんどは
「どんどん。」
と床を叩くような音が聞こえてきます。
愛犬の方を見ると、明らかに寝ているけれどしっぽを振っています。そのしっぽが、ゆかにあたって音を出していたのです。
「何か夢でも見ているのかなぁ。」
と思って、しばらく愛犬を観察してみることにしました。すると、
「ぱくぱく。むにゃむにゃ。」
と口を動かしているではありませんか!
食べることが大好きな私の愛犬は、どうやら何かおいしいものを食べて、嬉しくてしっぽを振っている、そんな夢を見ているような感じでした。表情もなんだかとても幸せそうで、思わずしばらくじっと見てしまいました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ