[ペットの思い出]犬が飼いたい!!


私は小学校2年生の時から17年間、柴犬を飼っていました。
産まれてすぐにもらってきたので、まだとても小さく手の平に乗せて
散歩に行っていたのを覚えています。
きちんと面倒を見るからとお願いして両親に飼ってもらえたペットでした。
大きくなって習い事や部活動などで忙しくなったけれど、兄弟3人で協力して
毎日の散歩は欠かしませんでした。
家族の一員だったケンタは老衰で亡くなってしまい、
あの悲しみをまた味わうのは嫌だからとそれ以来犬は飼っていません。
結婚して子供が産まれ、長男が今小学3年生になりました。
最近犬が欲しいとよく言います。
毎日僕が散歩するから!とお願いしているのを聞くと、あの頃の私を
思い出します。
下の娘も小動物が大好きで、休日はよく近所のホームセンターに
犬を見に行きたいというので、買い物ついでに寄って家族で
子犬や子猫の前で小一時間過ごすこともあります。
実家の両親も子供たち3人とも結婚して家を出て寂しくなったのか
帰省をするたびに犬でも飼おうかというようになりました。
ペットを飼うとどうしても旅行などに制限が出て来てしまいます。
帰省するのも大変なので、子供たちを使って実家の両親に
可愛い子犬を飼ってもらおうかと企んでいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ