[ペットの思い出]淋しいと死んじゃうなんてウソ!ウサギってとっても飼いやすい生き物なんです。


今日は私と旦那、子供たち二人の4人家族の元に、新しい家族をお迎えしました。
とーっても小さくて、フワフワした毛が気持ちいい新メンバー、ネザーランドドワーフの赤ちゃんです。
ネザーランドドワーフっていうと、ピーターラビットのモデルになったことで有名なウサギの品種。
他のウサギよりも小さくてかわいいんですよ!
大人になっても、割りと小さいままなんです。
今回このネザーランドドワーフちゃんを飼うことになったのは、息子の言葉がきっかけでした。
無類の動物好きで、どうしても犬が飼いたいとここ2~3年主張していた息子。
7歳の誕生日が近づいて、その思いは増すばかり。
でも、あまり経済的な余裕がない我が家にとって、定期的な検診や注射、エサ等の費用を考えると、旦那が了承してくれませんでした。
そこで、出会ったのがウサギです。
ちょうど、何でもいいから飼いたい!と思っていた息子が、習っているピアノの先生に「7歳の誕生日にはペットをおねだりしてるんだー」と話したところ、ウサギのケージなら余ってるからあげるよ!とおっしゃってくれたそうなんです。
旦那も、先生にそういわれたら・・と一度ペットショップに足を運んだところ、小さな小さなネザーランドドワーフの赤ちゃんに出会い、すぐにメロメロに。
ウサギの赤ちゃんって本当にかわいいんですよ。旦那がメロメロになっちゃうのもわかるくらい。
それにウサギなら、定期的な検診や注射はいらないし、エサ代もそんなにかからないんです。
なによりウサギって、オシッコはちゃんとしつけられるんですよ。
そんな感じでお迎えすることになったウサギ。
大切にしたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ