[ペットの思い出]植物はペット?


私は動物、中でもふわふわとした毛並の動物が大好きです。反応も可愛いし、触っても気持ちがいいです。日々の疲れが癒される感じがたまらないのです。
ですが私のお友達は植物をペットのように扱っています。お水をあげるときには、声をかけながら・・・「つめたかったねー。ゆっくりお飲みー」など
言うらしいです。私は反応があるからこそ、動物は可愛いと思っていますし、植物に話しかけてなんになる、と思うのですが、お友達曰く
話しかけたほうが元気に育つと断言していました。そんなものなのでしょうか。私は花も好きですが、話しかけたこともなく普通に育てています。
毛のアレルギーなどのわけでもなく、動物もそれなりに好きなお友達なので、私としては理解できずにもどかしいです。
知人のフラワーアレンジメントの方もそのような事を言っていました。やはり職業とするだけあって、植物への愛情が凄まじいです。自分が育てている
花を花と呼ずば子供と呼んでいます。子供と呼ぶ人もいるぐらいですから、ペットと思う人がいてもおかしくはありません。
慈しみを持ちながら何かに接することは
決して悪いことではないので、その人の生活に潤いを与えているんでしょうね。私は動物派ですけども!世間の皆様の意見はどうなんでしょうか。気になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ