[ペットの思い出]我が家の王様


以前、飼っていた猫のお話です。
オスのチンチラ・シルバーとメスのチンチラ・ゴールドを飼っておりました。
今回はオスのお話をいたします。
猫なので(?)、家飼いでも気づけば脱走。
全ての窓を閉めていても、力づくで窓を開け脱走。
カギを閉めていても、緩いカギの窓から脱走。
どこもダメなら、帰宅する家族を待ち構えて、隙をみて脱走。
すごい賢いですよね。(飼い主が猫に負けてます)
何故、そんなに外が好きなのか謎でしたが、目撃情報により判明。
大きめの猫で、近所ではボスらしく我が物顔で幅を利かせていました(ナワバリですかね)。
※深夜に帰る時など、他の猫の首元を咥えているのを何度も発見!
 名前を呼ぶと、一瞬みるが無視されます。

多分、カレ的には近所のボスではなく、我が家でもボスのつもりでいたかもです。
甘えるのは、エサやご褒美がほしいときのみ。
今、考えても上手く手の平で転がされていた気がします。
声も大きくて、ノドをゴロゴロ鳴らしながら
「おぐぁり~(おかえり)」「ごぁ~ん(ごはん)」と挨拶。
すみません。上記に関しては親バカと申しますか、うちの家族にのみ聞こえます。

そんなカレも9歳という男盛りの年齢に、尿管結石が悪化し食欲不振により他界。
生きてる時は、野良ちゃんに見向きもしなかったのですが、カレにソックリな近所の野良ちゃんが増えててビックリしました。
本当にソックリさんを見かけた時は、涙ぐみながら呼んでみるものの、生前のカレのようい無視されたのでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ