[ペットの思い出]我が家の猫たち 1


我が家には9匹の猫がいます。それぞれ個性があり、毎日のように私や家族困らせたり笑わせたり、癒してくれたりしています。今日はその中の一匹「まさむね」との出来事をお話ししたいと思います。
ある日私がパートから帰ってきて、遅いお昼を食べようと思いカップ麺にお湯を入れ、蓋の上にスープの袋をのせ、時間が立つのを待っていました。少し目を離したときです。まさむねが、私のカップ麺のスープを奪い、タッタッタッタッタッと小走りに走って逃げていったのです。逃げ足の速いまさむね、あっという間に高い棚の上に駆け上り私のスープは手の届かないところに。まさむね!!私のスープを返して!!格闘すること数分。カップ麺の食べごろの時間は過ぎ、麺は伸びかなり太った麺に変わってしまっていました。
結局スープを奪い返せず、私は食べるのを諦めました。その後何食わぬ顔で降りて来たまさむね。私のスープは棚の上。椅子に上がり棚の上を見たら、穴があいて、バラバラになっていました。それはそれは、たいそう美味しかったでしょう。舌なめずりをし、勝ち誇った顔。お願いだから食事はゆっくり食べさせてね!!それにしても、なんて逃げ足の速いこと。まさに泥棒猫。私のスープを返して!!ちなみに、まさむねは女の子です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ