[ペットの思い出]我が家の犬の意外な事実


夫の実家にはちょっと変わった犬がいます。
ちゃんと名前はあるけど、私と夫は「ナマズ犬」と呼んでいます。
とても人懐っこくて家族みんなから可愛がられているんですが、見た目がちょっと変わっているんです。

短毛で剛毛、胴が長くて短足。
ナマズのようなヒゲを生やしたオレンジ色の犬。
私もお小さい頃から犬を飼ってきたけど、こんな犬は見たことないな?って不思議に思っていたんです。
夫に犬種を聞いても、知らないって言うし。
ひょっとして雑種?

前から気になっていたものの、はっきり家族に尋ねたことはありませんでした。
それで、今日実家を訪れた時に、なんとなくお義父さんに「何の犬種なんですか?」って聞いてみたんです。
そうしたら、「ダックスフンドだよ」って。

ダックスフンド!?あれが!?
今まで見てきたダックスフンドと全然違う…。
ダックスフンドってビロードのような柔らかい毛並みっていうイメージ。
黒や茶色が多い中、この子はオレンジ。
触ると手に刺さりそうなハリネズミのような毛。
でも、言われてみれば、確かに顔と体型はダックスフンド…。

子供の頃ダックスフンドを飼ってみたいと思ったこともあったけど、まさか目の前にいたとは…。
あまりの意外な事実にびっくりです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ