[ペットの思い出]我が家のシェルティー親子


我が家では2匹の犬を飼っています。
犬種はシェルティーで、1匹はペットショップで買ってきた母犬でもう1匹は我が家で生まれた娘犬です。
私が子供の頃はペットを買うなんて、両親は嫌がっていたのですが、私が大学進学、就職で家を離れてから、
何の心境の変化かわかりませんが、急に飼い始めました。

諸事情で私が実家に戻ることになって、一緒に暮らし始めましたが、
母犬の方は、ペットショップで売られていただけに人懐っこくて、すぐに懐いてくれました。
あまりにも人懐っこく、容姿も可愛らしいので、散歩のついでに買い物をする時には、
さらわれるのが心配で外にはつないでおけないと言うくらい可愛がられています。

一方の娘犬の方は、我が家しか知らないせいか非常に臆病で、最初は私にはなかなか懐きませんでした。
ですが、日々の食事でおやつとして野菜を与えているうちに、「おやつをくれて可愛がってくれるイイ人」と認識してくれたのか、
今ではすっかり懐いてくれて、一緒に寝てくれるくらいです。

両親いわく、「他の人より懐くのが早い」そうで、犬なりに他の人とは別格の「家族」だと認識しているようで、
犬ってのは学習能力が高く、賢い動物なんだなぁと実感させられました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ