[ペットの思い出]我が家のわんちゃん


うちのわんちゃんは去年里親としてうちの家族の仲間入りをしました。
現在人間の都合でペットを平気で捨ててしまったり今多いのが災害によって家族といられずやむを得ず手放さなくてはいけない状況もあります。
うちの子は前者の人間の都合により保健所行になるところを里親愛好の団体により引き取りうちの家族として紹介してもらいました。
歳は8才ともお老犬ですが、すごく優しく一途に新しく家族になった私を想ってくれます。
私は最近悲しいことがあり、すごく落ち込んでいたのですがこの子がいてくれたから頑張ろうという気にもなり、私にとってかけがえのない家族となりました。
動物は生き物は全部そうだと思うけど、愛情を注いだ分だけちゃんと答えてくれます。
なので、1度この子は寂しい思いをして私の所へ来ました。
なので、私の所では寂しい思いを絶対させないようにと愛情を注いでいます。
でも、たまに散歩をしていると、車を見て誰かを待っている姿を見せます・・・。
それは単なる人が気になってみているならいいのですが、もしや前の飼い主を今でも待っているのではと思うと悲しくなります。
そんな気持ちにはなりますが、家では一途に私の側にいてくれます。
なのでこの子を精一杯生涯かわいがってあげようと心から思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ