[ペットの思い出]我が家にはペットのハムスターが2匹ほど暮らしています


1年がたちました。さらに、ハムスターが喜ぶからといって、ひまわりの種とかいちごとかおやつなどの甘いものばかりあげていたら、どんどん太ってしまったのです。こんな状態で生後1年以上がたちました。寿命が2年のために、そろそろいなくなったら寂しいと思って、2人目の子を飼いました。そして、今度の子は太らせないようにしてきちんとした管理化で飼っています。しかし、最初の子はこんないいかげんな飼い主であったのですが、1年以上たつにもかかわらず病気をすることがなく今も元気です。結局、飼育の技術でもなくてハムスターへの愛情がよかったのだと思います。動物虐待も最近の厳しい世の中ですからよくある話ですが、自分がイライラしているからといって、ハムスターには関係ないことなので自由にさせたのがよかったのでしょう。しかし、これから病気をするので、特にフンとおしっこのチェックをおこたらないようにして、異常があればすぐ病院へ連れて行こうと思います。もともと、命を最後まで預かるという責任感だけは持ち続けています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ