[ペットの思い出]成犬のしつけは難しい


しつけの本を見ると、どの本も子犬の頃からのしつけについてしか書かれていません。
でも、事情により成犬を引き取った場合はどうすればよいのでしょうか?
犬を飼っていたのは自分が子どもの頃の話で、しかもトイレのしつけはしっかり出来ていたように記憶しています。
だから、成犬=しつけは十分にされている、と考えていたのですが現実は違っていました。

成犬なのにトイレのしつけが全く出来ていないのです。
最初は新しい環境だからトイレに失敗したのかなと安易に考えていたのですが
1ヶ月経ち、2ヶ月経ち・・・ついには半年以上も経過したのに、トイレが決められた場所でできない。
トイレシートの位置が悪いのか、シートの素材が違うからかなどいろいろと試行錯誤したけれど無駄でした。

似たような事情で犬を引き取った方に聞くと、しつけをしてもらっていない犬もいるらしいのです。
しつけをしない=甘やかす=かわいがる=愛情表現という考え方の飼い主さんも世の中にはいるらしい。
これは、ショックでした。しつけをしてこその愛犬なのに。

改めて、本やネットでしつけに関する情報を探しました。
でも、これだ!という情報は得られませんでした。
ただ分かったことは、成犬でもしつけられるということ。でも、その方法は千差万別。
ネットのその犬のしつけに成功したことを我が家に応用できるかというと、そうではない。
犬の種類も育ってきた環境も違うのだから。

8ヶ月が経過した今、しつけ自体を諦めたわけではないけれど、トイレに失敗しても
飼い主である自分たちが出来るだけストレスを抱えない方向で工夫中。

成犬とはいえ、犬の寿命でいえば今まで生きてきた年数よりもこれからの方が長い。
トイレのしつけはゆっくり、今までは足りていなかったであろう愛情をたくさん込めて
一緒に生きていければ、しつけは二の次でもいいかなと思えい始めています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ