[ペットの思い出]愛犬が快適に過ごせる家づくり


「街を歩けば犬に当たる」と言えるほど、外を歩いているとワンちゃん連れの方を多く見かけます。
今も昔も多くのご家庭で犬が飼われていますが、犬の環境や役割は昔とは大きく変わってきています。
昔は家を守る番犬として、人の仕事を手助けするために飼われていた犬たちも、今は大切な家族の一員として一緒に生活しています。
庭や玄関先に置かれた犬小屋から、快適な室内へと生活環境も変貌しました。
そんな変化とともに、愛犬のために必要な環境作りも飼い主にとって大切な役目となります。
ちょっとした工夫で愛犬にとって快適な環境を作ってあげることが出来ます。
愛犬が快適に暮らせる環境は、愛犬が少しでも元気に長生き出来よう手助けしてあげることにつながります。

暑い夏、「クーラー病(冷房病)」という言葉をよく耳にします。
冷房に効いた部屋に長時間いることで体が冷え過ぎ、体温調節が出来なくなり体調を崩してしまうのがクーラー病ですが、犬のクーラー病になる可能性があります。
留守番中に犬が家の中を自由に動ける場合、涼しい部屋と冷房の効いていない部屋(例えば、冷房の効いたリビングと冷房の無いキッチン)を行き来できるようにしてあげると、部屋を移動することで犬自身が温度調節をすることが出来ます。
そして各部屋に犬専用のタオルやベッドを置いてあげることで安心して休むことが出来ます。
ケージやクレート、サークルなどで留守番をしている場合、自由に移動が出来ませんので、ケージ(寝場所)の置き場所に工夫が必要です。
冷気が直接当たる場所を避けておきましょう。
また、冷え過ぎを避けるため、サークルの片側半分に大きいバスタオルを掛けたり、段ボールなどを置いて冷気避けの壁を作りましょう。
冷房をつけない時は部屋が暑くなる可能性があるので、直射日光のあたる窓(南向きの窓や西日のあたる窓など)のそばを避け、廊下などのなるべく風通しの良い場所に寝場所を作ってあげましょう。
凍らせたペットボトルや保冷剤にタオルを巻いて置いておくとクールダウンの助けになります。
飲み水をたっぷり置いてあげることも忘れずに。

病気だけでなく怪我にも注意が必要です。
愛犬が怪我をしない環境を作ることが大切です。
例えばフローリングの床は滑りやすいので、足を怪我することがあります。
犬が走り回る場所に滑りにくいマットを敷くだけでもけが予防になります。
また、ジャンプの得意な犬がソファーや椅子、ベッドの上にピョンピョン飛び乗ったり飛び降りたりする姿をよく見かけますが、この行動が足や腰の怪我の原因になることがあります。
飛び乗ることをやめさせるのが怪我予防には一番ですが、なかなかそれは難しいので、負担を減らす工夫をしてあげましょう。
例えばソファーやベッドの横に何か踏み台のようなものを置いてもう一段増やしてあげてもいいかもしれません。
一段増えることで、階段を上がるように、または坂を登るようにソファーに上がり降りできます。

家は人間のために作られた空間なので、必ずしも犬にとって良い環境とは言えないかもしてませんが、少しの工夫で愛犬に快適な環境を作ってあげることが出来ます。
人と犬が楽しく幸せに暮らせるよう、各家庭で出来ることを色々工夫してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ