[ペットの思い出]幸せ広がる愛犬のあだ名


割と多くの賛同を得られると思うんですが。。。

あだ名。愛犬のあだ名です。
あだ名って、名前を決める時のように熟考してき決めるのではなく愛称ですよね。

我が家の歴代のワンズにも共通していて、きっと愛しいワンコを飼っている家では共通になってしまうと思うんですが、、、

別につけたわけじゃないんですが、我が家の歴代ワンズのあだ名は「かわいい」です。
「ああ!!」と感じた方も多いのでは無いかしら?

パピーちゃんの頃から、「可愛い、かわいい。」と育ててしまう。
するとワンズたちはそれが自分名前の一つであると認識しているようなんです。

その1.
リビングでTVを見ながらくつろいでいます。
可愛い雑貨の映像がながれ、「これ可愛いねぇ。」と呟こうものなら、「なに?呼んだ?」と寝ているワンズが首をあげます。

その2.
散歩の道すがら、可憐なお花を見て「あれ、可愛いねぇ。」と呟けば、「ん?なぁに?」と振り返るワンズ。。。

という場面が度々起こります。一瞬の間を置いて、家族がワンズを中心に笑いに包まれます。

最近よく思います。
家族でお散歩をしていると時々、「ワンちゃん大事にしてもらって幸せねぇ~」って言われるのですが、
本当は私たちが彼らワンズに幸せにしてもらっているんですよね~。
ワンズと一緒にいられるときは短いです。大切にしていきたいです。

皆さんが言うように、ワンズも「幸せだ~」と思っていてくれたら、尚、幸せですが。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ