[ペットの思い出]奥さんが猫の話をしてくれましたが


用事で集金にきた奥さんが猫の話をしてくれましたが、やはりウチと同じく集団飼いの猫が何匹かいるそうです。ご主人が捨て猫を拾ってきてからそれが増えてしまったようです。テラスに置いておくとダンボールの中にみんなでうずくまって寝ているそうです。温かい日にはおひさまで日向ぼっこなどをしていますが、それ以外はどうなんでしょう。
このごろでは自分の家の猫などもまえとは少し待遇も違ってきて、湯たんぽをいれて上げています。寒いとなかなか病気にもなりやすいし周りにもいけない影響があるので考えたいところです。そういうことで私はペットでも猫の寒さのことにはあまり考えることをしなくなりました。寒そうだと思えば家の中の毛布でもなんでも出動するし、できるだけのことはしてやります。また、家の中でなくてもエサをきちんとやって大事にするとほかにいくことは滅多にありません。集団飼いの猫がペットとよべるかどうかはわかりませんが、部屋に閉じ込めてばかりの猫たちも少しかわいそうなような気もしてきます。ペットはいつも自分の子どものように健康や食べ物に気をつけて上げなくてはいけません。その猫たちがいつもう寒そうにしているかどうかは確認できませんが、衛生的なことまで気を使わないといけないので少し大変なことはあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ