[ペットの思い出]夜店の金魚がいつしか家族に


4年前にお祭りで挑戦した金魚すくい。
一匹も取れず、おまけでなんと二匹頂きました。
お祭りでの金魚はすぐ死んでしまうとか言われていましたが、私にとっては実は初めてのペットになるので水槽から酸素モーターまでセットで準備。
小さめの水槽ですが、二匹は元気良く泳ぎ、3ヶ月であっという間に大きくなりました。
オレンジ色が綺麗なみかん、斑模様のまだら、安易な名前まで付けました。
鱗の様子がおかしいと、餌を変えてみたり、便秘気味ならこの餌、など小さい金魚ですがまるで子どものように大事に育てていました。
しかしある時一匹が浮かんでしまい、あの時は何故死んでしまったのか、自分を責めたりもしました。
庭に埋めてあげ、ペットを育てる大変さに直面した時期だと思います。
残った一匹はオレンジ色が綺麗なみかんです。
一匹になったことによってなのか凄まじい勢いで成長しました。
あんなに小さかった金魚でしたが、今では20センチ超えです。
そろそろ水槽を大きくしてあげようかとも思いますが、これ以上大きくさせてよいものなのか。
少し悩んでいるところです。
金魚なんてペットのうちに入るのかと思われそうですが、私にとっては立派なペットで、大事な家族の一員だと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ