[ペットの思い出]冬の愛猫の寝床


我が家には、アメリカンショートヘアーとマンチカンの2匹の猫がいます。
2匹とも3歳のオス猫で、毛の柄も2匹ともブラウンタビーなのでよく兄弟猫だと間違われます。
ペットショップにいた時から、同じゲージに入っていたのでとても仲がいいです。

猫は基本的に一日中寝ていています。
冬の季節は寒いためそれぞれが気に入った暖かい場所で寝ていることが多く、
2匹こだわりの寝床があるみたいなので、2匹のお気に入りの寝床を紹介します。

まず少しお兄さんになるアメリカンショートヘアーは、いつも布団の中にもぐって昼寝をしています。
布団の中にもぐると自分の体温でとても暖かく、この子は布団の中がお気に入りの場所です。
また夜に、私たちが寝ている布団の中にもぐってくるので、湯たんぽがわりになりとても暖かいです。

マンチカンは、日中こたつの中で寝ています。
夜になると寂しいためか、私たちの寝ている布団の上で寝ていることが多いです。
でももう1匹の猫のように布団の中にもぐることはありません。
寒いだろうと思ったので布団の中に入れてみたことがありますが、すぐに出てきてしまい同じ猫でもこだわりがあるみたいです。

ただ2匹とも暗くて狭くて暖かい場所が寒い時期のお気に入りの場所のようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ