[ペットの思い出]ペットロスはおかしい?


可愛がっているペットが亡くなってしまったら。
純粋で罪を感じさせない動物が亡くなると、ストレートに悲しみがわくのでしょうか。
子供のようにわんわん大泣きする人もいるのではないでしょうか。
「ペットロス」という言葉が出まわってしまうと、「たかがイヌネコなのに」と
笑う人も出てきます。ところがその反面、「辛すぎるのでもう飼いたくない」と
心底しょげてしまうコワモテの男性もいるのですよね。
どうして人間は、こんなにもペットの死に心を痛めるのでしょうか。
ペットが「家族と同じ」に扱われるようになってきたからでしょうか。
「家族同然」と言いますが、もしかしたらそれ以上かもしれません。
ペットは室内飼いが主流になり、いつも家族と一緒。
しかもお風呂に入れてもらったり歯磨きをしたり、子供に近い扱いです。
でもペットは大人になりませんから、一生甘えっぱなしで世話されます。
そして人によっては一緒に眠ったり、いつも飼い主さんのひざの上に乗っていたり。
人間同士で考えたら、一緒に寝たりひざの上なんて、特定の伴侶以外は許されません。
伴侶だけしかできないほどの濃厚なスキンシップを、ペットとなら誰でもできるのです。
そうやって暮らして毎日すっかりなじんだ温もりが、ある日去ってしまうのだから…。
「ライナスの毛布」を失くした子供みたいな心境で、
わんわん泣きまくる大人がいてもおかしくはないですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ