[ペットの思い出]ペットも健康管理が大切。


5年前子犬のチワワ犬を飼い始め、今ではペット犬は我が家にいなくてはならない大切な存在になってます。高齢の認知症のある両親の話相手であるし、元気を与えてくれ大きな影響を与えてくれる大切な家族の一員です。ペット犬も、少しづつ年老いてきてるので、最近はよく寝てることが多く、大切なペットなので、健康で長生きしてほしいと家族の誰もが願っていることなので、犬が元気がないと、家族みんなが心配します。
そのため定期的に、動物病院に連れて行き病気の予防、治療などをしっかりと行ってます。
昔は犬は番犬や使役犬として飼われ、人間の食べたご飯や味噌汁を食べてましたが、今の犬達は、しっかりしつけられていて、ドックフードしか食べず、人間が食べるおかずをあげても食べないし、頭が良いと痛感します。犬というと、フランダースの犬を思い出しますが、犬のパトラッシュはいつも少年ネロの牛乳運びの仕事を手伝い、とてもりこうな犬でしたが、我が家のペット犬はそこまで、りこうな犬ではないですが、家族の中では大きな大切な存在になりました。
ペット犬は自分の子供のような時もあれば、何でも理解してくれる友人のようでペット犬と一緒にいると楽しい時間を過ごす事ができ、癒され大切にしたいし長生きしてほしいので健康管理をおこたわらないようにしていきたいと思うこの頃です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ