[ペットの思い出]ペットの犬にさ支えられた生活


チワワの犬を飼って5年になりますが、かわいいペット犬は我が家の家族の一員であり、子供のような存在です。高齢の認知症の親と一緒に暮らしてるので、介護も大変でストレスばかりたまって、血圧も高くなったり大変でしたが、ペットを飼う様になり、犬の背中をなでているだけでストレスが癒され、血圧も安定してきてます。
高齢の親もペット犬と一緒に暮らすようになり、まるで孫のようにかわいがり、話しかけて、スキンシップするようになり、認知症もだいぶ落ち着いてきてペット犬に感謝するばかりです。高齢の父はペット犬がいなかった時は、徘徊があり大変でしたが、ペット犬と生活するようになり、関心が犬のほうにいき、犬をなでたりだっこしたりして、徘徊する事も今はなくなり、朝から寝るまでペット犬に関心がいき、犬の事ばかり心配してます。
ペットは高齢者の健康には良い結果をもたらしてくれる事、感じてます。父がショートスディーに行った時、犬を抱っこして面会に行った時、そこに来ている高齢者の方々が、かわいい犬だといってみんな背中をなでてくれ、笑顔で犬と遊んでくれました。そこのスタッフの方から、おじいさん、おばあさんは犬が大好きだからまた連れてきてくださいね、と言ってくれました。
犬と一緒に暮らすようになり、子供が増えて笑顔を家族に与えてくれ、感謝するばかりです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ