[ペットの思い出]ペットの居る生活


近年、ペットの飼育を始める家庭が増えているようです。
例えばお子様の居る家庭であれば、ペットを飼うことによって責任感を培ったり、ペットが亡くなってしまった際には命の大切さを学べることなどが理由としてあるでしょう。独身の方であれば、日々の生活の寂しさを紛らわすことにもなるでしょう。また、ご年配の方であればお子様を育てる感覚で飼育を行うことにより、日々の活力を養ったりも出来るでしょう。
どのような理由であれ、ペットの居る生活と居ない生活には大きな違いが生まれると思います。
その中でも特に大きな変化を生むのは、核家族でのペットの飼育だと思っています。家族との会話も少なく、家に居るのにお互いに干渉もしない、そのような家庭にペットが加わることにより、良い効果が生まれます。
ペットは生き物なのでご飯を食べたり、排泄などもすれば、怪我や病気にもなります。人間と同様で、ご飯を食べなければ体調を崩す原因にもなりますし、食べ過ぎてしまえば太ってしまい怪我や病気のリスクを上げてしまいます。排泄もしていなければ何かしらの病気の可能性もあります。それらの情報の共有を行うことにより、自然と家族間での会話が増え、実際に核家族の解消になったケースを何件か私も見聞きしたことがあるからです。
様々な理由があると思いますが、これからの時代はペットの飼育がまだまだ増えていくのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ