[ペットの思い出]ペットの噛み癖を止めさせる方法


我が家のヨークシャテリアには噛み癖が有ります。
私の手をおもちゃか何かと勘違いしているのか
私の手を狙って噛みに来ます。

最初は甘噛み程度なのですが、私が「痛い」とか「噛んだらだめ」とか叱ると
それ以上に噛みに来ます。

噛みだすとだんだん興奮してくるのか強く歯を立てて噛むときも有るので
その時には無理やりゲージに入れるようにしています。

ネットなどで調べると完全に無視するのが良いと書かれていますので
それを参考に無視するのですが、また時間が経ってリビングなどに出すと私の手を狙って噛んできます。

キッチンで炊事をしている時には、足を噛んでくるときも有ります。
それもやはり指先を噛んできます。

痛いし止めさせないといけないので、これは最後の手段だと思っていたことを決行しました。
それは、こちらも犬を噛んで痛い言うことを教える方法です。

どうしても噛むのを止めさせたいので意を決して
犬を捕まえて、犬の前足をぎゅっと歯を立てて噛んでみました。

「キャンキャン」と鳴いて暴れましたが、そのあとは私のご機嫌を取るように
私の顔をぺろぺろ舐めてきました。

これは子犬同志や母犬との付き合いのなかで噛むと痛いと言うことを覚えさせる方法で
これで噛み癖が治まると良いのですが、もう少し様子を見て時間を掛けて教えて行きたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ