[ペットの思い出]ペットとのコミニュケーションで元気になれる。


ペットの犬を飼って5年になります。ペットが居ると居ないでは、精神的に大きく違います。ペット犬が居なかった時は家族は高齢者ばかりで、楽しみといえばテレビを見ることぐらいしかなく、家族間の会話も少なくなり、明かりが消えたような家庭でした。
ペット犬を飼うようになってからというもの、高齢者ばかりの家庭にかわいい子供が来たような感じで、家の中が明るくなり、ペットの事で会話も多くなり、ペットがそこに居るだけで心が癒されて毎日の生活が楽しくなってきてます。
見たことが無い人が来ると、ワンワンほえて興奮すると、当初は来た人の足をかじったりして、のしつけた菓子箱持って誤りに行った事もあります。ペットを飼ったら、すぐにしっかり犬をしつける必要がある事教えられた出来事もあります。ペットがいるとかわいいし、楽しいし、にぎやかで幸わせですが、しつけをしっかりしておかないと大変なことになると反省させられた事もあります。
ペットが居ると、家に一人いても寂しくないし、ペットとのコミ二ケーションができて、ストレスも和らぐし、犬は大の散歩好きで、毎日散歩に出るので、健康にもつながるし、ペットは大切な家族であり、家族を幸わせにしてくれる大切な存在です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ