[ペットの思い出]ダイエット成功!?


うちの実家には、超肥満のうさぎがいました。
従姉妹のお姉ちゃんが、引っ越し先に連れて行けないということで、預かる事になったのですが、預かっていると言うより、譲り受けた感じです。
そのうさぎなんですが、名前は「バンビ」と言いました。
うさぎなのに「子鹿」で、これまた可愛らしい名前なのですが、檻いっぱいに体が太っていて、外に出しても、ほぼ動きませんでした。
うちに来たと当時から太っていて、心配した母が、よく外に出したりしていたのですが、本人に動く気がないので、あまり意味はありませんでした。
そんなバンビとは、私は1年も一緒にいませんでした。
というのも、私が県外に行ってしまい、会うのは、帰省をした時だけ、年に1、2回だけでした。
そしてある日、実家に帰るとバンビが少しスリムになっていました。
母の努力がやっと実ったんだなと思っていました。
そしてそれから1、2年過ぎたある日、ふと母に「バンビ、痩せてよかったね。お母さん、頑張ったんだね。」と言うと、母が「あれ、元々いたバンビじゃないわよ。2代目よ。」と言われました。
なんと、バンビは太り過ぎが原因なのか、私が家を出た後に死んでしまっていたそうです。
そして、なんとそれとほぼ同時に、ご近所さんから、またもや引っ越し先に連れて行けないからと、うさぎをもらったそうなんです。
バンビが死んでいた事もビックリですが、その後にまたうさぎをもらったことにもビックリしました。
なんともうさぎに縁のあるお家のようです。
ちなみに、まだその2代目バンビは元気に生きています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ