[ペットの思い出]カメ子は今日も勝手にわが道を行く


ペットの話というと、猫や犬が多いですよね。その次に多いのが金魚や熱帯魚などの魚、インコや文鳥などの鳥、ハムスターなどの小動物でしょうか。
先日、隣に居合わせた方が「我が家のりんちゃんがね~」という話を楽しそうに話し始めました。
私以外は全員その方のペット事情について詳しい方ばかりです。私もてっきり犬や猫の話だと思い聞いていました。
すると、会話の中に「寒いからヒーターをつけた」「水温の管理が大変」「散歩する」という話が次々に出てきました。
水温やヒーターなら魚類ですが、散歩はしないし・・・・と考えてたけど、何の動物かさっぱり検討つかず。
思い切って何の動物か聞いたら「亀です」とのこと。しかも小さな亀で♀。
りんちゃんという名前が犬や猫、他の動物でも合いそうな名前だったので惑わされましたが、亀ならヒーターも水温も、散歩も納得!?です。
小さな亀らしく、部屋の中を散歩させているらしいです。時には庭の中も。
でも、小さすぎて庭だとちゃんと見ていないと見失うこともあるらしく、気が抜けないらしいです。
犬のように首輪やリードを付けるわけにもいかず、大変そうです。
その方が外出されるときも勝手に散歩に出ているらしく、外出から戻り水槽を見ると居ないこともしばしば。
そんなときは静かに待つとどこからか、「カツンカツン」と爪音がして表れるらしいです。飼い主が帰ると会いに戻ってくるなんてかわいいですね。
カメ子 りんちゃんは今日も勝手に、いや元気にわが道を行く

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ