[ペットの思い出]おなか見せて。


我が家に来たネコの「はる」さすがに連れて帰ってきた後2日間位は不安げな様子で少し怯えていました。しかし、人間に怯えることはなく見知らぬ場所に不安がっているだけでした。人間にはすぐに懐き、翌日にはおなかを見せながらゴロゴロしていました。最初は、心を許してくれたと喜んでいましたが、実は「はる」は誰にでもおなかを見せるのが平気なネコでした。動物病院に予防注射を打つために連れて行くと、みんなの前でおなかを見せながらゴロゴロしてすぐに人気者になっていました。もちろん友人が遊びに来てもすぐにおなかを見せてゴロゴロします。あげくには宅急便の配達員にもおなかを見せながらゴロゴロします。警戒心より、おなかを撫でてもらうことの方が好きなようです。
また「はる」は小さく丸くなって寝ることはありません。寝る時は大の字になって寝ています。時には、大の字になっておなかを全開に見せながら、完全に無防備な状態で爆睡しています。さらに、この姿勢で寝ている時に近づいてもぴくりとも動かず眠り続けています。警戒心が無いのか、人を疑う気持ちが無いのか、素直でピュアな心の持ち主なのか分らないけど、はるほどおなかを見せて平気な動物を始めてみました。我が家のアイドルです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ