[ペットの思い出]うちのペット


やたら人懐っこかった野良猫を拾って早1年。
今ではすっかり家族の一員になりました。

拾った当時、野良猫のくせに丸々と太っていたので、名前は「まる」。
茶色に黒っぽいシマシマ模様のメスの猫ちゃんです。
父親は最初「俺は犬派だ!」と言い張って、いい顔をしませんでしたが
今では自分の布団に入れてやって、一緒に寝るほどの猫好きに(笑)

その「まる」は、最近ある事を覚えたんです。
それは、扉や引き出しを開けること!

最初は茶の間から廊下に出たくて、引き戸を頑張ってこじ開けていたのですが、
段々と「開ける」という動作そのものが楽しくなってしまったようで、今では
食器戸棚やふすま、押入れまで、開くものは何でも開けて回るようになって
しまったんです。

どうやら、私たちが何かを開けるところを見ているようで、例えば母親が
戸棚を開け閉めしていると、「そこ開くんだ!」と覚えて、人が見ていない
隙に、そろりと開けて遊んでいるのです。こっそりやっているあたり、猫なりに
悪い事をしている、という認識はあるんでしょうね…。

この間なんかは、なんとケーキの箱を開けようと試みていました!
空き箱だったので、軽くて転がってしまい、結局は開かなかったのですが、
ちゃんと押して、フック部分を外して…というところまでは出来ていたので
猫の手って意外と器用!と、びっくりしてしまいました。

ただ、素直にすごいすごいと喜んでいるわけにもいきません。
扉を開けた後、そのまま閉めて帰ってくれればいいのですが、閉めるという
ことはしないので、あっちもこっちも開けっぱなし!更に食器戸棚などは
中に侵入して、お皿の上でガチャガチャと遊ぶ始末。

とうとう母親の堪忍袋の緒が切れて、今は戸棚という戸棚をガムテープで
留めています…。忘れていて戸棚を開けようとして、開かなくてびっくり(笑)
「そこまでしなくても…」と思いつつ、この前ついに引き出しまで攻略してしまった
まるを見て、しょうがないかなとガムテープをはがして扉を開ける今日この頃です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ