[ペットの思い出]うちのわんこ


2匹飼っているのですが、親子で母親と娘です。母親は捨てられていた子だったので、人間を怖がることも多少ありました。娘の方は元気いっぱいで、今ではお母さん犬よりも体つきもいいです。そして、2匹同時に散歩に行くと、必ずと言っていいほど、娘がお母さんに突進して行きます。ある意味激しい愛情表現なのかもしれないです。散歩を始めて5分くらいすると、興味が他にいくのでやっと離れてくれますが、最初は2匹のリードが絡まって仕方ないです。持っている私自身がリードでぐるぐる巻にされてしまいます。昔、私がまだ小学生の時には犬の力に負けて、転んで田んぼにスライディング状態になったこともありました。そんな元気いっぱいのうちの子たちですが、最近あまり散歩にいけていないことがあり、付近を通るととても吠えられます…散歩いきたい散歩いきたい散歩いきたい!と。2匹同時にいくのが大変なので、片方だけ連れて行こうとすると、残された方の悲痛な叫びのように鳴き出すので、結局2匹とも一緒に行くことになるんですね。だったらもうちょっと平和に散歩させて欲しい…と思ってしまいますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ