[ペットの思い出]うさぎとの楽しく穏やかな生活


うさぎを飼っています。とても飼いやすいです。清潔で、小さく、可愛らしいです。うさぎには体臭は無く、綺麗好きで、個性があり、自分をしっかりと持っています。時に頑固で、わがままでなので、こちらの思うようにいかないこともありますが、愛情を持って接する事を忘れなければ、うさぎもこちら側に対して、愛情を持って接してくれるようになります。例えば、飼い主の私が泣いているとそっと近づいてきてくれて、指をぺろぺろとなめてくれます。なめるという行為はうさぎにとって愛情のしるしだそうで、うさぎが自分のことを心配してくれていることが分かり、とても嬉しくなります。うさぎは鳴かない動物で、何を訴えたいのか分かりにくい事もありますが、その行動や仕草などをよく観察していれば自然と分かってきます。長く付き合っていけば、もちろんペットではありますが愛しい我が子のように愛情が深くなっていきます。愛は最初からそこにあるわけではなく、一から作り上げるものなのだと改めて分かった気がします。必ず、愛情を持って接すれば動物は振り向いてくれます。何であれ、ペットを飼うにあたって、重要なのは飼う人が愛情を持ち続けなければならないことなのだと思いますので、これからペットを飼おうかと思っている方は、終生愛情を持って、可愛がってあげて欲しいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ