デリケートゾーンの汗を防ぐ


スポーツといえば汗が大敵。

デリケートゾーンの汗対策は女性にとっては充分に配慮しなくてはなりません。
一つの目安として3時間程度で変えるようにするとよいでしょう。

空気の通り道を塞ぎ、蒸れやすくなりますし、汗が乾きにくくなり、臭いを発生させやすくなります。
一般的に性器の周辺をデリケートゾーンといいますが、アポクリン腺が多くあるので、汗をかきやすい部位になります。

一つ一つに気を配りながら行っていくことでより臭いを抑制できます。
毛の処理は汗の蒸発を促し、汗や汚れから守ってくれるので、臭いを抑える対策として効果的です。

デリケートゾーンをきれいに保つために下着は通気性が良いものを選ぶようにすることが汗対策です。
生理用ナプキンによってふさがれた状態の月経期のデリケートゾーンは汗をかいても逃がさない状態になっています。

生理用タンポンを利用する場合についても同様にこまめに取り換えるように癖をつけておきましょう。
それから、デリケートゾーンの毛を処理するという人は多いはずです。

ところが、毛を処理する際に抜いてしまうと汗をかく量が増え、臭いを引き起こしてしまう恐れがあるので注意が必要でしょう。
個人によって違いますので適宜調整が必要です。

そして、着衣のボディスーツ、ガードル、ストッキングといったものでデリケートゾーンを強く圧迫してしまうことは避けましょう。
これを続けていると臭いの原因になりますので、生理用ナプキンや下着は頻繁に取り換えることが肝心です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ