タカラの山、ゴミの山


 本当に好きなものになると、その人の好みがよくわかります。

さらに、コレクションとなると、それプラス、人がらも出てくるかもしれませんよ。

実用的なモノ、ガラクタモノ、記念品、その人にしか価値がわからないものがほとんですね。

 子どもの場合なんかは、それで将来を暗示していることもあります。

ミニカー集めや、昆虫標本、その辺の石ころなどなど。

おそらく、子どもの頃の男の子が集めるものなんかは、ほとんどおかあさんには「???(意味不明)」。

なかには、虫のウンコを集める男の子なんかがいまして、顕微鏡も買い与えてもらったお話があります。

そして、大きくなったら「大腸菌の博士」になったりしますから、オドロキですね。

だからといって、普通の感覚では、やめさせてしまいますね。

きったないし・・・
けれど、これを続けさせるのは、親の方も相当理解ある方ですね。

とはいえ、コレクションは、衛生的なことも考えて、ほしいところですので、大人になるに従って、つまらないモノ集めに走りますね。

とくに、女性と男性では、コレクションの意味合いが違うんだと思いますよ。

女性のコレクションは、お金になるものを集める傾向にあるのかな?
ブランド品とか・・・
男性のコレクションは、大人になってもやっぱり、「???」なモノのほうが、多いかも。

ちなみに私は、「駅弁のパッケージ」ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ