シンセサイザーの思い出


高校の頃、シンセサイザーという楽器が世の中を沸かせていました。

富田勲氏がホルストの「惑星」をシンセサイザーで多重録音によりアルバム化したのです。

富田氏の使ったシンセサイザーの価格は、2000万を超えていたと記憶しています。

従来の楽器と違ったシンセサイザーという楽器に大変興味を持った私は、いつかはシンセサイザーを手に入れたいと思うようになりました。

エレクトロニクスオタクで、自分でゲルマニウムラジオなどを組み立てたりしていた私は、無謀にも自作のシンセサイザーを作ることを思い立ちました。

ちょうど電子雑誌で、シンセサイザーの自作という記事があったので、それを参考に制作にかかりました。

本来なら、発信回路から作り始めるのですが、なぜか私は鍵盤部から作り始めました。

黒鍵と白鍵を木工で作りました。
1オクターブ分なんとか完成しました。

その後、回路を作るためにパーツの買い出しに秋葉原まで行きました。

なんせ予算が限られているので、安くパーツを購入するためにいくつもお店を回りました。

パーツが揃ったところで、いよいよ回路の組み立てです。

まずは1音分の回路を組みました。
テストしてみましたが、うまく音が出ません。

どうも音の大元になる発信回路がうまく動いていないようです。

悪戦苦闘して、なんとか音が出るようになりました。

しかしパーツの質をケチったせいか、1オクターブ12音分の発信回路がうまく動作しませんで、
結局3音しか出ないシンセサイザーとなってしまいました。

当時としてはかなりのお金をつぎ込んだプロジェクトは失敗に終わりました。

大学に入学してアルバイトで稼げるようになった頃、KORGから発売になったアナログシンセサイザーを入手しました。

当時の価格で54800円、けっこうな価格でしたが、さすがにメーカー製のマシンはちゃんと音が出ました。

1音しか出ないので、他のキーボードとの組み合わせで楽しんでいました。

その後使わなくなって、ずっと押し入れにしまっていたのですが、スペースが手狭になったので、売却することにしました。

ネットで見積もりをとったところ、なんと3万円で売れることがわかりました。

20年も前のマシンにこんなに値がつくなんでびっくりしました。

だれか音楽好きの人の手に渡ってくれればと思い、手放しました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ