サントラがくれる幸せ。


私のコレクションはサウンドトラック
です。

サウンドトラックと言ってもゲーム音楽専門ですが。

学生時代から集め始め、今や3桁を超える程になりました。

そんな私のコレクションの中からお勧めを数点ご紹介したいと思います。

「ファイナルファンタジーシリーズ」
この作品の名前は皆さん一度は聞いた事があると思います。

作品も有名なのですが、音楽も本当に素晴らしいのですよね。

植松氏の手掛ける音楽は色々な表情があります。
戦闘曲は胸が熱くなりますし、街・フィールドの音楽はずっと聴いていたくなる魔力があります。

個人的お勧めは8の「Fisherman’s Horizon」です。

どこか懐かしい、長閑な雰囲気の曲です。
ゲーム音楽に興味無い人でもヒーリングとして聴けるのではないかと思います。

また、このシリーズは様々なアレンジがあるのも面白いですね。
少し手を加える事で、素晴らしい曲が更に素敵なものに変化するのです。

「キングダムハーツシリーズ」
この作品はスクウェアエニックスとディズニーが共同開発したゲームです。

ディズニーの曲等も使用されており、耳に馴染みやすいです。

そしてこの作品のお勧めポイントは各マップ毎に通常曲・戦闘曲が用意されている所です。
それぞれのマップの為に作られた曲ですので雰囲気があり、尚且つ明るく賑やかな音ばかりですので、暗い気分も飛んでいってしまいます。

個人的お勧めは1の「To Our Surprise」です。

不思議の国のアリスの世界での戦闘曲になります。
おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかな音楽で、楽しい気持ちになります。

「ニーア・レプリカント&ニーア・ゲシュタルト」
この作品はマイナーですが、本当に音楽が素晴らしいです。

初めて聴いた時、こんなゲーム音楽があるのか、と衝撃を受けました。
良い意味でゲーム音楽らしく無いですね。
サントラですが歌唱も入っているのも素敵です。

音楽も退廃的な、脆いけど力強い世界を連想出来るようなものが多いです。

個人的お勧めは「イニシエノウタ」です。

色々なバージョンがありますが、デボルが一番好きですね。
優しい歌声に魅了されてしまいます。

と、3桁ある私のコレクションですが、それぞれにこのような思い出が詰まっています。

ラックから好きなCDをピックアップし、聴く事が私の幸せ。
これからもこのコレクションは進化し続け、たくさんの幸せを与えてくれるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ