コンパクトカーと女性


フィアットを見かけない日はここ最近ないような気がする。

あの可愛らしいマルイフォルムとカラー。

ピンクが好きな私としては、是非とものってみたいである。

勿論、カラーだけなら他にもあるが、あのエンブレムと車体。
可愛いのがたまらない。

勿論、男性がオーナーな場合もあるが、やっぱりあれは女性向けなんじゃあないかとおもう。

私の中では、丸いフォルムのパステルカラー系の車はもれなく女性向けだ。

例えばマーチ。

水色なんてまさに可愛らしい社会人一年生にぴったりではないか。

緑あたりはまぁ、年配でもありえるけれど、男性的かといえば首をかしげる。

あとは、丸くはないがカラーでいえばショコラやラパン。

似たようなものだが、あの手の車ものだが、決して男性的とは言いがたい。

あくまで、個人的な趣味の話だが。

とにかく、パステルカラー、ツートーン、丸いフォルム。

このどれか2つだけで十分に女性向けかなとおもう。

カラーだけでいうなら、新型クラウンアスリートのピンクも女性向けにみえるが、あれはキャデラックのピンクの印象に近いものをかんじる。

カスタム好きの男性が好みそうなイメージだ。

それはさておき、
とにかく、ここ数年、パッソなどもそうだがあからさまに女性向けの車が目立つのはとてもいいことだとおもう。

なんの変鉄もない車を女性らしくカスタムするとなると、まぁお金がかかる。
しかし、はじめから女性的であればそのままでも十分可愛いのだ。

シートからインパネまでいたれりつくせりで、羨ましいものである。

私も次に車を買うなら、是非とも可愛らしい車にのりたいものだし、そのころにはインパネも全てカラーが選べれば最高なのにとおもう。

車という趣味は、なんせ金のかかる趣味である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ