コレクションはいたるところに


コレクション
というと、何かしらの目的を持って集めるものといったところだと思いますが、それは「モノ」であるという印象があります。
人は何かしら興味を持つモノを集めたがる。
もしかしたらそれは本能でもあるような気もします。

ただ、コレクションは決してモノとは限らないと思うのです。
たとえば、ラーメン屋巡りが好きで、そのお店の写真を撮って集める。
これも立派なコレクションですが、その食べた味そのものも、記憶に残るコレクションといえます。
同じように、本や雑誌から感銘を受けた言葉があれば、そのページを切り抜いて保存し、同時にその言葉たちがコレクションとして記憶に残る。

そのような意識を持てれば、記憶しておくという作業を本能としてコレクションのように欲することができると思うのです。
それが何の役に立つかというと、たとえば仕事なら毎日の中で起こる出来事、失敗、逆にうまくこなせたことなど、まるでコレクション感覚で積み重ねていって、仕事のプロになれるということです。
失敗したらへこむのではなく、ひとつコレクションが増えたと喜べる。
日常生活でも同じです。
決してモノだけではなく、コレクションできることは沢山あると思うのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ