クラシックシーズン到来


競馬は冬競馬も終了し、いよいよG1シーズンが到来しますが、この時期が一番楽しいように思う。
特にクラシック(3歳馬限定戦)は、まだ直接対決が少なく力関係がわかりにくいのが魅力。
そんな中、先日のチューリップ賞で私が今年一番と見ていたハープスターが圧勝した。
他を寄せ付けないまさに圧巻の内容は、他の馬とのこれからの戦いよりも、今年どれだけ勝つのかといった方に興味を感じさせる内容でした。
これまでこの手のパターンで何度も胸を躍らせ、期待を裏切られてきましたが…(ライデンリーダーもアストンマーチャンもトライアルレースの勝ち方が尋常じゃなかったので、凄い事になるのではないかと思ったもんだ)でも、今回も夢を見ずにはいられません。
相手関係に恵まれたといった意見もありますが、あれだけの圧勝やそれまでの成績やレースぶりを考えれば、別格だとは思っています。
あとはG1レース特有の馬群に揉まれたり、不利を受けたりしなければ、この馬はレースのセンスが良いため不安は割と少なく、まず間違いないと思う。
あとは枠順で外を引けば安心かなぁ。
とにかく外側で邪魔されないようにして無事に回ってくればOKだと思うのですが、枠順だの故障だの色々あるのが競馬の難しい所。
まぁ、無事に出走し、無事に回ってくるのが一番大事だと感じる今日この頃。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ