ギターの思い出


最初にギターと出会ったのは中学2年の時でした。

世の中がフォークブームに沸く少し前の昭和45年は、まだギターを手にする子供は少なかったように思います。

幼稚園の時からヤマハ音楽教室に通っていたのですが、転勤とともに辞めてしまいました。

新しい楽器を始めたいと思っていた私は、誕生日+クリスマスプレゼントにギターを買ってほしいと親と交渉し、
半年待ってやっと買ってもらうことができました。

本当はフォークギターが欲しかったのですが、当時フォークギターはかなり高価でした。

入門用ということで、クラシックギターを買ってもらいました。
価格相応の楽器でしたが、入門用としては十分役立ちました。

キーボードの経験はあったのですが、弦楽器は初めてだったので、最初はかなり苦労しました。

ギターにおまけで付いてきたギター入門の教習本を頼りに、全くの独学で練習しました。

幸い耳のほうは鍛えられていたので、押さえた音が正しいかどうかは聞き分けることができました。

ギターを習得するのに壁となるのが、コードFをちゃんと押さえられるかどうかです。

私も例外なくこの壁にぶちあたりました。

安いギターだと、フレットと弦の間隔が不均一な場合が多く、なかなかうまく押さえられないことがあります。

ですから、ある程度ちゃんとした楽器を使って練習することが、上達の近道かなと思います。

今では手元にギターがないのですが、機会があったらまた弾いてみたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ