エレキギターの改造


高価なギターが買えないので、安ギターがを改造して理想の音目指そうと考えた。
まず改造をするにあたってのベースになるギターは、Spuier by FenderのDeluxe stratcasterだ。
このギターは、2万円台のギターとしては、非常にクオリティが高く、細部を気にしなければ、中級者までなら普通に使える出来だ。
ただ、高級機に比べると、その細かい部分である、サスティンの弱さと、アーミング後のチューニングのずれ、ピックガードのシールド加工を何とかしたい。
もっと言うとピックアップのパワー不足も改善させたいと言うことで、改造して理想のギターに近づける事を思い付いたのだ。
まず、各パーツをいじる前に行った作業が、ギター自体を一旦バラすことだ。
なぜかと言うと、特にボディとネックの接合部がしっかりと密着しているか確認するためだ。
ギターはボディもネックも木で出来ている。
音はその木を伝わるものだから、木と木の接合部がしっかりしてないと今回の目的の中とのサスティンの改善は達成されない。
説明が長くなったが、バラしてネック部の再セッティング、プラスしてボルトオンネックのジョイントプレートに変えたところ、問題としてたサスティンは劇的に改善された。
次回は、アーミング後のチューニングのずれ改善のための改造をしていこう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ