ほぼ手入れ無しで豊作になるブラックラズベリー


ラズベリーは、いろいろな種類があって、ほぼ手入れ無で豊作になる品種だと思います。
その中でもブラックラズベリーは群を抜いていると思います。

我が家では、増えすぎないように鉢植えにしてありますが、ツルが5から6メートルまで延びて、夏にはたくさんの実がなります。

育てていて、一番いいのは、鳥が食べないことです。
ブルーベリーも栽培しているのですが、ここ数年は花が咲くとその花を鳥が食べるようになってしまいました。

ブラックラズベリーは鳥が関心を寄せないので、収穫まで安心していられます。
その代り、収穫タイミングが重要です。
黒くてパンパンになったタイミングを見て収穫し、その場で食べるか、食べきれない分はすぐに冷凍しておいて、ジャムにします。

人によっては種がありすぎると言いますが、網で濾せば全く問題ありません。
個人的には、ブルーベリーよりもコクがあって、おいしいと思います。

剪定は、私の場合、実を収穫した枝は、その都度切っています。
そうすることで終わった枝に栄養がいかないので、次の実が早く実るようです。
また、翌年用の新しいシュートが勢いよく伸びます。

そのタイミングで肥料をあげます。

冬は一見すると枯れたようになりますが、新しい芽が出てきます。

こうして毎年、ブラックラズベリーを楽しんでいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ