お金で買えない物


 現在の世の中では、お金で買えない物はないという風潮が広まっています。
お金がすべてお金のために何でもする。
お金儲けが悪いことですか?と言って悪行を繰り返し刑務所に入った人もいます。
お金で、買っても意味のないものがあります。
たとえば、柔道や空手道などの黒帯です。
黒帯自体は武道具店やスポーツ用品店、デパートでも売っています。
しかし武道をやったことのない人が買い求めてその帯を締めたところで何の意味も持ちません。
いくらかっこうだけ真似ても実際にできなければ。
その武道に入門して白帯からスタートして何か月かして「段」の下の「級」をとり、帯の色が緑や紫、茶色になり1級まで上り詰め、そこで昇段審査を受け合格すればやっと黒帯を締める資格を得ます。
そこでお金を持って武道具店等に行き買うということになります。
大概そこでは自分の名前を刺繍してもらうことになります。
よく黒帯をとった、ご褒美にと親や先生が。
また後輩たちがお祝いにと帯を贈ってくれる場合もあります。
これは初段をとった時に、これは大会で優勝したお祝いに、これは卒業の時に後輩たちがと何本もの黒帯を持っている人もいます。
黒帯のコレクションのように部屋に飾っている人もいるようです。
何でもお金で買える世の中になってしまっていますが、努力して得る。
努力しないと得られない物があることを知っておくことも必要ではないかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ