お菓子作り


幼い頃から両親は仕事で家を留守にしがちだった為、兄と2人でご飯を作ったりしていました。
それからかよく母と一緒にお菓子を作っていました。
クッキーやスコーン等簡単ですぐに出来る お菓子だったのですが、月に数回作ってるうちにお菓子作りにハマッていってしまい、中学生の頃には週に1回程度作るようになり、夢は「パティシエ」と言うほどお菓子作りが大好きで、中学生の頃、高校生に混じって専門学校の体験入学のようなものに参加してみたりしていたこともあります。
作ったお菓子は自分流の「お菓子帳」として紙にレシピを書き残し、コレクションとまではいきませんが、焼き加減や混ぜ方等細かく書いていたりしていました。
今は仕事と育児に追われている生活なので、中々作る機会は減ってしまったのですが、休日は子供達も食べれるお菓子を娘と一緒に作ったりしています。
クッキーなんかは、3才手前の娘と作るので形がいびつなんですよね。
丸めるのが楽しいらしく、これでもかって言うくらいクルクル丸めてお手伝いをしてくれています。
来年には息子も3才になるので、そのときには親子3人でお菓子作りかな、なんて楽しみにしちゃっています。
やはり子供が小さいうちは手の込んだものって言うよりは簡単で手早く出来るものが1番作りやすいですね。
娘や息子の誕生日には少し手の込んだお菓子を作る予定です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ