うちの子


私の家では猫を飼っています。
そのは、弟の中学校に捨てられていた子で、ちょうどその時に家族で猫を飼いたいね、という話になっていたのですんなり飼うことが決まりました。
捨て猫だったため、当初は餓死寸前で体重も軽く、獣医さんからは助からないだろうと思われていたようです。
そのため、獣医さんでもらったミルクとキャットフードを食べたいだけ与えてください、と言われたので要求されるだけ餌をあげていました。
そうしたら、だんだんと一般的な体重になってきました。
ただ、その後も餌を食べたいだけ与えていたら、どんどんと太ってしまいました。
その一年後くらいに、その獣医さんに連れていったときに、「!!この子、あの時の子猫?!」とびっくりされました。
まず生きていたことにびっくりされたでしょうし、体重の重さにもそうとうびっくりされてました。
それからは、ご飯も少し減らすようにして行きました。
ですが、なぜかお腹の皮が垂れているので、どうしても太って見えるんですね…。
そして、寝る前に絶対に可愛い顔をしてご飯を要求してきます。
その可愛さに負けて餌をあげてしまうんですね。
でぶ猫、と愛をこめて呼びながら、一緒にダイエットしようね、とも猫に話しかけている日々です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ