あなたは犬派?猫派?


家庭のペットでもっとも多く飼われているのは、統計的にも犬と猫ですが、どちらを飼うかは、やはり家族全員の意見をまとめて飼うことになるのだと思います。
よく雑誌などでも「あなたは犬派?猫派?」という記事が載っていて、性格診断まであったりもします。
つまり犬が好きな人は犬に似た性格、従順で飼い主に忠実、愛情を一心にそそぐと言われています。
猫が好きな人は猫に似た性格、きまぐれでマイペース、個性派が多いなど。
どちらの性格がよいとか悪いとかは関係はないですが、そうなると、犬を飼っている家庭は家族全員が、犬に似た性格、猫を飼っている家庭は、猫に似た性格になるのでしょうか?これはとても興味深い、調査してみる価値のあることではないでしょうか。
面白い結果がでるかもしれません。
私の知っている友人、知人を思い浮かべてみると、犬を飼っている家庭、猫を飼っている家庭、それぞれいますがやはり「ああ、この家庭にはやっぱり猫が合うよね」「犬が合うよね」と何の疑問もなく納得してしまいます。
ちなみに私の家では、犬を飼っています。
犬を飼うまでは、猫も好きでしたが、犬を飼ってからは犬にしか関心がなくなってしまい、猫もかわいいとは思うのですが以前ほどではなくなりました。
戌年のせいなのか、性格のせいなのか?わかりませんが自分でも「私は犬だな」と思ってしまうのです。
あなたの家庭はどうですか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ